トップ

文字サイズ変更
標準
0289-64-2161

ご来院の方

人間ドック

(2021年4月更新)

人間ドックのおすすめ

高血圧、糖尿病、脂質異常症などは生活習慣病と呼ばれ、多くは自覚症状がないまま進行してしまいます。人間ドックは、このような生活習慣病を早期に発見し、脳卒中や心筋梗塞など重大な合併症を予防するとともに、がんの早期発見を目的としています。また、普段気づかなかった思わぬ病気が見つかることもあります。

人間ドックの検査結果を医師などと相談しながら、日頃の健康管理に役立てて、毎日を心身共に元気で明るく生活していきたいものです。そのためにも、年1回の人間ドックをおすすめします。

人間ドックの種類

  • 人間ドックに対する利用助成制度を設けている健康保険組合もございます。詳しくはご加入の健康保険組合にお問い合わせください。
  • 人間ドックの料金は変更になる場合がありますので、お申し込み時にご確認ください。
  • 検査項目、料金、オプション検査については人間ドックのご案内[PDF形式:235KB]をご覧ください。

1日ドック(日帰りドック)

健康を管理する上で必要な検査を1日で行います。検査結果は生活習慣病予防もしくは生活習慣の改善などのアドバイスも含めてお返しします。あなたの生活習慣や健康度をチェックする基本ドックです。

2日ドック(1泊2日ドック)

基本の1日ドックに、糖負荷試験、動脈硬化検査、頸動脈超音波検査などを加えました。ライフスタイルや体力に基づくきめ細かな健康相談ができ、ゆっくりとあなたの健康を見つめていただける総合ドックです。

脳ドック

働き盛りに突然脳血管の病気。これらの病気の危険因子を調べ、豊かで質の高い生活を送るため、病気や認知症の発生を予防することを目的とした脳専門のドックです。

人間ドック健診施設機能評価認定施設

当院は2018年9月に、日本人間ドック学会より「人間ドック健診施設機能評価」の認定を受けました。
人間ドック健診施設機能評価とは、人間ドック健診施設の評価を行い、質の改善活動促進し、受診者が安心して健診を受けられることを目的とし、自己評価、および訪問調査員による実地調査の結果により施設認定と質の改善のための助言を行うため、日本人間ドック学会が実施しています。
なお、当院は日本総合健診医学会・日本人間ドック学会の人間ドック健診研修施設にも認定されています。

お申し込み・お問い合わせ

  • 当院の人間ドックは予約制です。
  • 予約方法は電話または来院でのお申込みとなります。
  • お申し込み後、受診日約1か月前に詳しいパンフレットおよび検査容器などをお送りします。
  • 予約の取り消しや、変更は早めにご連絡ください。
担当部署
健康管理センター
受付時間
平日 午後1時 ~ 午後5時
土曜日(第1・3・5週) 午前8時30分 ~ 午後0時30分
電話(直通番号)
0289‐64‐2168

【重要】人間ドックで胃内視鏡検査(胃カメラ)を希望される受診者様へ

新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、感染リスクの高い検査である胃内視鏡検査につきまして、当面の間、下記の対応を取らせていただく事となりました。受診者様にはご負担、ご迷惑をお掛けいたしますが、新型コロナウイルス感染の防止対策のため、何卒ご理解とご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

  • 胃内視鏡検査を希望される方には、胃内視鏡検査の前日または前々日(病院休診日を除く)に、新型コロナウイルス感染を否定するための抗原検査を受けていただき、陰性が確認できた受診者様に限り、胃内視鏡検査を行わせていただきます。
  • 新型コロナウイルスの抗原検査につきましては自費診療となりますので人間ドック料金とは別に11,000円(税込)を、抗原検査実施日に自己負担でお支払いいただく必要がございますので、予めご了承ください。
  • 抗原検査をご希望されない方には、標準検査である胃造影検査(バリウム検査)を行わせていただきます。
    なお、バリウムを服用できないなど、胃造影検査を受けることが困難な受診者様は必ず事前にご連絡ください。
  • 健康診断目的の胃内視鏡検査はコロナ禍においては不急の検査とされているため、現在、当院では健診目的の胃内視鏡検査の予約数も制限させていただいております。このため、胃内視鏡検査を希望されてもお受けできない可能性もございます。
    自覚症状がある方におかれましては、外来受診されることをお勧めいたします。

関連項目